yodag

遊び、音楽、WEB、旅、カメラ、育児とか、いわゆるおじさんの日記みたいなものです

今回の旅のスタートをクアラルンプールからのマレー半島縦断にした理由と目的

      2016/03/29

こちらのエントリーにも書きましたが、ぷらぷらっと旅に行ってもいいんじゃないのこれ?という状況になってから(そうなるように時間確保したのですけどね)、まぁ考えるわけですよ。

はぁあ。。。どこいこーーー。

と。
普段から、

「今度の海外はココに行こう(キリッ)」
「一度でいいからアレ見てみたいんだよね(キリッ)」
「次に海外旅行するならアソコって決めてる(シャキッ)」

みたいのがあればよかったんですけどね。

ないんですよ。

これって良し悪しのつけようがないとは思いますが、あれしなきゃこれしなきゃなtodoリストの管理も大事だけど「Wish List」って持っていないといけないなと凄く思わされた。

行動の幅が狭くなるかもしれないのでリスト頼みも良くないけど、「思いつき×リスト」のバランスを上手く保てば、いつかやりたいこと行ってみたい食べてみたいという項目と蓄積しておくのはなんだかんだよいハックになるのかなと。

それはさておき、旅先をどう選ぼうかなと。

すでにエントリーのタイトルで「マレーシア」と書いているのでマレーシアスタートにすることにしたわけなのですが、そこに至るまでのまとめです。

旅行先として選ぶ条件をどうするのか

前提としてそもそもバックパックで旅行することは決めてました。そっちのが楽しそうだからね。飛行機に荷物預けるのだるいし。

その前提で行き先を検討するのですが、やや仕事チックです。
お仕事のプロジェクトを始める時に似てますけど。。

だってもう、単なる思いつきで行き先が決まらない以上、細かくブレイクダウンしていくしか無い。

前述のとおり、「観たい」「食べたい」「行きたい」を、特に普段から意識していなかったので。

だったら思いつきベースで行くしかありません。
思いつきにしたがって、後から理由や動機をくっつけていくんです。ええ。

で、最初にふと思いついたのは「アジア」

実は11年前にバンコクとカンボジアに3週間ほど、超無計画で行ったことがあるんですが。そりゃあまぁ楽しかったわけです。

ですが、アジアにいこっかなぁと思ってる。とふと友達に漏らしたところ、「先進国に行けよ。後進国に行く意味がわからん。」くらいのことを言われたんですね。

確かに洗練された国、日本と同等に発展している欧米を旅するのはとても刺激的な気もするんですが、なんかしっくり来なかったので、やはりアジアにすることにしました。

そう言われたらなおさらアジアに行ってやろうと思ったのも事実。

アジア圏とユーロ圏の違いって

横道それますけどね。

そもそもアジア圏とユーロ圏の違いってなんだろうか。と。
「差」と表現していいのかわかりませんが、結局は「土壌」なのかなと。

作物がしっかり育つ土壌を持つアジア。
あんましそうでないユーロ圏。

農耕的な民族なアジア。
そんなに取れないから奪うことで発展してきたユーロ圏。

動詞が後ろに来がちで、味わいのある言語を持つアジア。
動詞が最初に来がちにすることでまずは行動を示すユーロ圏。

宗教なんかもそういった背景に裏付けされているのかなとか思います。

とはいえ、日本もまぎれもなくアジアです。だから良きカルチャーショックを受けるのであればユーロ圏に行くべきなんだろうな。

ただ、もう一度アジアに行きたい。それだけです。
とはいえ、比較的旅行しやすいってのが一番かな。

バンコクとカンボジア(アンコールワット)は行ったじゃん。じゃあインドか?

そうなんです。東南アジアの真ん中のバンコクと、最高の世界遺産アンコールワットは行ったこと有るんです。

だから、今回はインドに行ってみたいと思い、色々調べたのですが、正直難易度高いなと思ってしまった。。ビビったわけです。

逃げですが、「インドはいずれ。。」と。本当は発展著しいインドに行ってみたいという気も捨てきれていません。
だって、進行形で圧倒的な飛躍を遂げているインドです。
10年後は別の国です。今行くのがベストだなと、とても思います。

僕が大好きなブロガーの、「かさこさん」とカメラマンの「三井昌志さん」がジョイントで行ったセミナーに以前参加したことが有るのですが、その際にもインドがやっぱり旅して面白いというお話をされておられたのですが。

でも、ビビリました。そしてインドに行ったら、期間中まるまるインドにしないともったいないなと。

だもんでインドは一旦保留にしました。ポジティブに言えば発展的撤退です。

インド保留→マレー鉄道いいじゃないの

そしたら引き続きWEBで情報収集です。そしたら以下のブログ様を発見。
アジア・ヨーロッパさすらい旅行記

バンコクからマレー半島を南下してシンガポールへ至るルートは、昔からバックパッカーの定番となっていた。もちろんその逆ルートも多い。
が、その定番を今まで実践したことがない。バックパッカーの名折れである。
マレーシアも行ったことがない。
シンガポールは訪問済み。バックパッカー的に見て、まったく魅力なし。
タイの南部は未踏破。

なるほど。マレー半島ね。いわゆるマレー鉄道ね。
乗ろうじゃないか。鉄道興味ないけど、陸路で国境越えは魅力だ。

という感じであっさり決めました。

ルートは逆。マレーシアからバンコクへ。と。

さぁ、後付で色々目的を設定

ざっくり考えたプランは以下の通りです。

  • マレーシアにイン。クアラルンプールからすぐ移動
  • マラッカ行くかも
  • ペナン島でプチリゾート
  • バンコクへ
  • 二度目のバンコクで感慨にふける
  • メコン川で夕日を見る
  • カンボジアとベトナムは今回は行かない
  • バンコクから帰国

現時点では以上。確定予定はクアラルンプールからバンコクへ。

 

いやーーー。

ベタですね。すんげぇ。

さて、行ってきます。

ではくれぐれも。

→ 0日目・羽田からエアアジアXでクアラルンプールに出発はこちら

 - 2015年夏のバックパッカー旅行・マレーシア・タイ・ラオス ,