yodag

遊び、音楽、WEB、旅、カメラ、育児とか、いわゆるおじさんの日記です

SwitchのJoy-Conのスティック故障を自分で直す方法はこれ一発!

   

Nintendo Switchね。

そもそも、ゼルダの伝説ブレスオブザワイルドがやりたくて買ったこのゲーム機も購入して、早3年。

「なんでコントローラーの左のぐりぐりのスティックだけ、押してもないのに勝手に動くんだ、、、」

という感じになりまして、こんな状態の人ってめちゃくちゃ多いのね。

大昔のゲームハードならともかく、この時代の機械で、「使いすぎて調子が悪くなる」とか、なんか嫌です。

 

巷では「Joy-Conドリフト」とか言われていて、ドリフト、、、そうかドリフトとかって言うんだ、、シャーってなるもんね、なんかかっこいい言い方だけど、、という気分ではありますが、

やはり超不便だし、すんごいムカつく

じゃないですか。

 

なのでこれ、このSwitchのJoy-Conを直そうと思うと、

・Nintendo公式のメンテナンスに依頼する

・amazonとかで修理キットを買って自分で頑張る

みたいな選択肢になるみたいなんだけど、別の方法であっさり治ったのでその方法を残しておこう。

それはずばり、

接点復活剤で一発で直った!

試しに、ジョイスティックの根本にブシャーっとして、グリグリってしてみたら、なおったじゃない、、、

 

まじでなおったじゃない!!!

 

接点復活剤っていうのはこんなスプレーのやつです。

多分20年くらい前に買ったんだと思う。。。

 

「自分で直せないもんかなぁ」と検索して調べていたら、このスプレーが有効だってことが書いてあったので、即トライ→即復活。という感じです。

ほんで、この、Joy-Conの不良って、なんとなく「スティックの根本あたりの部品が擦れたり削れたりすることで、形が変わってしまっていてちゃんと動作しない」ようなことが起きてるのだと思っていたのですが、違うみたいですね

はっきり言って「汚れ」が原因だと思われます。

プラスチックや金属はこすれるたびに、すごく細かい汚れが溜まっていくので、その汚れが、物理的にスティックの動作をおかしくして、それがセンサーにうまく認識されず、ちゃんと動かないし、一定の方向のキーが効きっぱなしになってる感じだね。

で、この接点復活剤は、そういった「接続部部の汚れ」をきれいにすることができるのですな。

だから、もちろんJoy-Conだけでなく、例えば、HDMIだったり、イヤフォンジャックだったり、そういった「抜き差しを頻繁に行うケーブルと接続部分の洗浄」にも使えるわけです。

いやー、嬉しい。新しいコントローラー買うつもりでいたので。
たまたま家にスプレーがあってよかった。まぁ高いものではないけど。

接点復活剤をamazonでチェック

Joy-Conの動作が改善した接点復活剤の成分

ちなみに、この「接点復活スプレー」がウチにあるかっていうと、これね、ギターで使うんですよ。

ギターの、スイッチ部分や、ケーブルを指すところって、「ガリ」と呼ばれるガリガリ音がたまにでるので、そんな時にコレを吹きかけると、接続部分が原因の場合、大半のノイズは消えます。

ノイズの原因って、もちろん接触不良とか、ケーブルの劣化みたいな根本的なものもあるけど、大半は、「度重なる金属部分の摩擦による汚れみたいなもの」だったりするので、その汚れをきれいに取ってくれるのが、この接点復活剤なのよね。

スプレー缶なので、噴射すると液体が出てきますが、水は含まれていないから、即蒸発していきます。

なので、基盤っぽいところとか、ギターも配線がたくさんあるあるので、そういうところに付着しても概ね問題ないです。

気になる成分は、こんな感じです。

・石油系炭化水素

・ポリエーテル類

・LPG

どちらかというと、石油とかガス系の成分みたいですね。揮発性はとても高いです。

「潤滑油」みたいなものとは異なるので、噴射後はサラサラしているのですが、すぐに蒸発するので、感触は全く残らないです。

「オイル」みたいなものとも違うわけですな。

 

というわけで、Nintendo SwitchのJoy-Conのスティックの調子が悪かったら、接点復活剤を是非吹きかけてみてください。

もちろんスイッチだけではなく、例えば、充電ケーブル、マウスのコロコロ部分、テレビリモコンのボタン、ゲームじゃない方のスイッチ全般、など、「油っこくしたくないけど、接続や接触を改善したい」という時にもおすすめです。

なにより、安いし、小さい。

役に立つっぷりを考えるとコスパがめちゃくちゃ良く、生活クオリティが上がるアイテムです。

 

KURE 接点復活スプレー220ml

 - gadget/ガジェット