yodag

遊び、音楽、WEB、旅、カメラ、育児とか、いわゆるおじさんの日記みたいなものです

人生初のボートレースに行ってみたら魅力的で激面白かった

   

ボートレースですよ。競艇。

存在は知っていたけど、舟券をかったり、競艇場に行ったことはなかったのですが行ってみました。

競艇といえば、日本財団が胴元でね昔は「日本船舶振興会」っていう組織の名前だったんだけどね。「にほんせんぱくしんこうかい♪」みたいなテレビCMがよく流れてた記憶があるなぁ。

まぁこの日本財団は競艇でめっちゃくちゃ儲かってるので超金持ち軍団なので、色々な社会貢献事業をやってたりするわけなんですな。

日本財団の話はともかく、競艇。

テレビでたまにさ、蛭子能収さんだったり、千鳥の大吾さんなんかがネタにしてトークしていることがあるのだけど、個人的な印象としては「競馬、競輪、オートレース、パチンコ、などの日本でOKなギャンブルのなかで一番ヤバい」という感じ。

「百円に握りしめて、、、」みたいな世界を想像しておりますが、一体どうなることやら。

行ってみたのは駅直結、多摩川ボートレース場

2月某日、めちゃくちゃ天気いいんだけど、死ぬほど寒い。

天気予報も一日中キンキンなのでカイロを貼りまくり出発。

で、今回は初めてなので、一人でいきなりいっても存分に楽しめるかどうか微妙だったので、友人にナビゲーターを依頼。

彼は、たまたまボートレース場からチャリンコ圏内にすんでいて、夜勤明けに競艇場で遊んで帰ることが結構あるという手練。

「おい、まじかよ、、、」

と、その話をきいたときにちょっとひいてしまったのだが、よくよく考えれば夕方仕事が終わってパチンコ屋に行くのと変わらないかなと、、、

だが、週3は行き過ぎですだよねぇw

 

とにかく、まぁせっかくなので、平日、朝っぱらから遊んじゃいますかねという感じで予定合わせて行ってみました。

今回は多摩川ボートレース場にgoってことなので、最寄りは西武多摩川線競艇場前駅。

直結だよね。朝九時半現地集合。

とにかく寒い。

がしかし、駅の改札を出ると即、湖!いい!

めっちゃくちゃいい!いい天気すぎる!

ということで早速友達と合流して舟券かって遊びます

競艇場に到着すると、その友人はなんと、知らんおっさんと談笑中www

ワロタw

初っ端からワロタw

そしてその後もなんどか知らんおっさんと談笑する友人は頼もしかった。実に。

で、早速レースが始まりそうなので舟券を購入しようじゃないか。

競艇場は、全国諸々のレースの情報が掲載されている紙が無料で配られている。親切設計。

なるほど。

そして、予想やさんがたくさんならんでる。。独特の名前がついていて、ブースがズラーッと。

100円払うと、一レース分の予想を買うことができるみたいで、これまたなんだろう、世界観が独特。

舟券の購入はマシーンで現金先入れで、マークシートを突っ込むスタイル。

ボートは6艇、だもんで競馬なんかにくらべれば配当は安くなるので3連単で買うのがメインなのかなやっぱり。

これが、めちゃくちゃむずい。当たらないw

・一番内側の1番艇が有利

・最初のコーナーでほぼ決まると

言われているのはよく知られているが、まじで当たらん。

そして、1は人気なので、こいつが絡むと本当に配当が低い。

と言われている割に、この日、1番艇が一着になることがあまりないというなんなんだこれw

 

予想の要素はめちゃくちゃある。

選手の年齢、技術、体重、プロペラ状態、枠順。

そして、競馬で言うパドックみたいなものがあって、それが「展示競争」。

レースが終わると、次のレースのボートたちが本番さながらにスタートと第一コーナーまでガチ目に一度練習的な感じで走るのだよ。

これをみて、「今日のあいつはスタートがどうだこうだ」みたいな。

だがしかし、本番はコレどうりに行かない。どういうことだよw

むずすぎるよ。

友人は2着を固定して買っていたりして、奥が深すぎる。

むずすぎるなぁーもー。

みたいな話をしていたら、友人は3.6万舟券をゲット。

「まぁ、3.6万か。なんだ、たいしたことねぇな。もっと俺はドリームを掴みに来たぜ」

とか思ってたんだけど、一撃3.6万はすげぇw

俺も当ててやるぞと思ったけど、ぜんっぜん当たらない!

今日の予算は一万円ときめていたのだが、どんどこ溶けていく。

1が来ないのだよ。当てに行ってるのに。

というわけで途中から穴狙いに切り替え。

そうしたところ、3連単ではなく、舟単万件、200円買いがヒット!この時点でプラス12000円くらいだったかな。

いやー、

楽しいですな競艇。

競艇場内はそこそこの広さ、で端から端まで歩くとまぁまぁある。

30分に一度位、多摩川ボートレース場でのレースがあるから、舟券かって、コーヒー飲んでの繰り返しで、途中で食事をするのだが、なかなかの微妙加減がまた美味い。

他の競艇場のレースも買ってたら忙しくてしょうがないっすなこれ。

結局12レース全部やって帰った、そして収支はいかに、、、

 

気がつけば夕日。

途中でガツンとプラスになったけど、もうひとレースくらい的中させたいということで、だらだら遊んだら最終的に12レースまでやってしまった。

最終定期には、「プラマイゼロ」というね。。

最後にプラスになってた分、全部goしてやりました。

いやー、楽しかったな。

もっと暖かくなったらまたいこう。

 

 - dust/trash/ゴミ