yodag

遊び、音楽、クロスバイク、WEB、広告、マーケティング、旅、酒、食、カメラ、音楽、育児について。

商用利用でgoogle shortenerなどのURL短縮は使わない方がいいのはなぜか

      2018/01/04

URLを短縮するツール、便利ですよね。

すんごい長いURLをね、さくっと短くコンパクトにしてくれるので、人にURLを共有するときなんてとっても便利。

一番簡単なのはやはりgoogle。

Google URL Shortener

というサービスが有りましてね、あ?知ってましたか。有名ですからね。

一応言っておきますけど、ページにアクセスして、短縮したいURLを入力してボタンをぽんと押せば、短縮されたURLの出来上がり。というわけですね。簡単。便利。

そして、コレに関しては、Chromeの拡張機能も有りましてね、よくよく見るとあれ、これ、アンオフィシャルなのか、それは良いとして、こいつを使うと、現在表示しているページのURLを短縮して、さらにクリップボードにコピーされます。

あとは、貼付けするだけでサクッとURLを共有出来ます。楽ちん。

調べてくださいね「Google URL Shortener Chrome」とかで出てきますよきっと。

 

google以外にも色々あります。検索すればいろんなサービスがでてくるので、それはまぁみてみてください。

 

とにかく、URLが短縮出来ると、Googleドライブのスプレッドシートやドキュメントで製作した社内資料を共有するときなんてとても便利です。

正直、社内でその程度の利用なら問題ないのですが、WEBページやメルマガに使われていたりするのが散見されるので、それはどうかななんて思いますね。

超大手の企業のメルマガにgoogleで短縮したURLが貼られたりしているとちょっとひいてしまいます。

何故なのか。

理由書いていきます。

ドメインが分からない

気にしない人は気にしないんでしょうけど、でもそれって危なかっかしいのですが、短縮URLってもちろんリンク先のURLのドメインがわからないのでどこに飛ばされるかわからないですよね。クリックしにくい。怖いです。

そんなこと気にする人居ないかな。いや居るはず。

いや便利よ、URL短縮サービス。でもね。。。

 

サービスが終わる

タイムリーにニュースが流れていた。

その数なんと約880万件、URL短縮サービス終了により発行済みの短縮URLがすべて無効化

pixivが運営していた短縮URLサービス「p.tl」で、9月29日(金)の12時をもってサービスを終了することが告知された

終わった。

まぁあまり居ないと思うけど、短縮しまくってそのURLをベタベタに貼っていたサイトや資料なんかがあったら大変。

エラーだらけになりますね。面倒です。辞めましょう。

便利だけどね。

 

アクセス数がわかっちゃう

google shortenerに限ったことかもしれないけど、例えばこれ。

https://goo.gl/kHkZz8

このブログのトップに飛びます。本当です。

本当なんだよ。

 

で、このGoogleで短縮したURLの後ろに「+」を付けると、レポート画面が開きます。

https://goo.gl/kHkZz8+

本当ですよしつこいけど。

 

ということはですよ。

メルマガやWEBサイト、特にメルマガなどの文面で短縮URLを使ったりすると、どれくらいアクセスがあるかが、誰でもわかっちゃうわけですね。

 

うわー、これは駄目じゃん〜

と思ったのでこのエントリを書こうと思ったきっかけである次第でございますが、

 

うーん。具体的なデメリットが、無いかなこれ。

まぁいっか。

 

しいていうなら、サービス提供しているところに数字全部持たれてるってことぐらいかな。

 

 

結論:短縮URLは便利だけど、終わるしアクセス数バレちゃうから、商用なら使って社内資料くらいにしよう。

 - hack/ハック